Home » 未分類 » 現金化で起こった詐欺被害の実態
クレジットカード現金化の真実
クレジットカード現金化の真実

現金化で起こった詐欺被害の実態

未分類 現金化の真実 | 03月17日更新

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合、優良な業者を選ばなければ詐欺被害に遭う可能性もあるのです。
実際に被害は多発しており、その被害者のほとんどは泣き寝入りをしている状態です。
よくある被害として「業者指定の商品を購入したが、当初の説明で聞いていた金額よりも少ない金額が振り込まれていた」というものがあります。
他にも、「現金化業者にクレジットカード情報を送信したのにも関わらず送金されない」「手数料などを差し引かれて還元率が非常に下がった」「指定商品購入後に現金化業者に電話が繋がらない」といった被害も多く聞かれます。

この様な悪質なクレジットカード現金化業者による詐欺被害に遭わないようにするポイントはあるのでしょうか。
第一に、現金化契約の申し込み時にクレジットカード番号を入力することは絶対に止めましょう。
申込みに関しては、住所や氏名、電話番号や送金のための口座番号は必要となります。
しかし、クレジットカード情報は不必要です。
カード番号や有効期限などを入力してしまうことによって、不正利用される被害も起こり得ます。

また、申込みを検討する現金化業者については、会社概要まで確認をしましょう。
実際に送金される金額に関するトラブルを予防するため、還元率だけではなく手数料などすべての項目を事前に確認する必要があります。
還元率の高い業者であれば、手数料に要注意です。
他にも差し引かれる項目は無いか、事前に確認をしましょう。

悪質な現金化業者の詐欺に遭わないようにするためには、申込前に様々な点を確認することが必要です。
少しでも疑問に感じる点は、問い合わせなどを行って解消してから申し込みをしましょう。
問い合わせで確認するだけではなく、現金化業者に寄せられている口コミや業者のウェブサイトも確認しておくことが大切です。
悪徳業者は何年間も営業を続けることが出来ないため、運営歴の長さなどを確認することもおすすめです。

top