Home » 未分類 » 現金化キャッシュバック型とは
クレジットカード現金化の真実
クレジットカード現金化の真実

現金化キャッシュバック型とは

未分類 現金化の真実 | 03月17日更新

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠で決済をする事で現金を作る方法です。
自分で行うという方法もありますが、基本的には専門の現金化業者へ依頼する方が多い方法になります。

クレジットカード現金化業者を選ぶ際のポイントは、第一に換金率の高さ、次に送金までのスピードではないでしょうか。
これは、各現金化業者によって異なります。
そのため、比較をする際にチェックをするポイントとなるのです。
この換金率の高さと送金までのスピードは、「換金方法」によって異なるものでもあります。

クレジットカードを利用して現金を作る場合、最もポピュラーな方法が買取型。
買取型は、現金化業者が指定する商品を購入し、その代金の8割程度を現金として送金される方法です。
現金化では買取型が一般的ではありますが、「キャッシュバック型」を採用している業者も多く存在しています。
キャッシュバック型は、現金化業者が指定する商品をカード決済で購入します。
商品に付いている景品が現金という形であり、その景品が指定口座に送金されるのです。
キャッシュバック型であれば、カード決済後に利用者が指定した口座へ送金されるため、非常にスムーズに行われます。
買取型は、指定商品を購入し現金化業者に商品を返送した後に送金されるケースが多いため、還元される現金の送金までに時間が掛かる場合があります。

クレジットカード現金化におけるキャッシュバック型では、商品の「景品」という名目で送金されます。
しかし、商品自体には価値はないのです。
キャッシュバック型は、景品が目当てになるような商品を販売していることが法律違反となります。
しかし、現金化においてキャッシュバック型であれば違法、買取型であれば安心ということではありません。
クレジットカードの現金化は、カード会社の規約違反だけではなく法律違反にもなる場合があるのです。
様々なリスクがあるということを理解しておく必要があるでしょう。

top