Home » 未分類 » 現金化業者無店舗型の特徴
クレジットカード現金化の真実
クレジットカード現金化の真実

現金化業者無店舗型の特徴

未分類 現金化の真実 | 03月17日更新

クレジットカード現金化業者には、実際の店舗を構えて運営を行っている店舗型と、インターネット上のみで運営を行っている無店舗型があります。
近年増えてきている、無店舗型の現金化業者についてメリットやデメリットを紹介します。

店舗型の現金化業者は、インターネットでの手続きなどが苦手な方や、本当に送金をしてもらえるのかと不安に感じている方に向いているでしょう。
しかし、店舗型で指定される商品は換金率の高い金券などです。
換金率の高い商品の購入に関しては、カード会社も目を光らせています。
そのため、クレジットカード決済を停止するといった措置を取られる可能性があるのです。
店舗型には、この様なリスクがあります。

無店舗型には、インターネット上で営業をしているため、利用者もインターネット環境さえあれば何処からでも申し込みを行うことが可能です。
また、ネットバンキングを利用するケースが多いため、曜日を問わず24時間対応を行っている業者が多いのです。

無店舗型の現金化業者は、店舗の運営費がかからないため換金率が高い点が特徴です。
店舗型で現金化を行った場合、換金率の相場は70%程度であるといわれています。
無店舗型の場合、相場は80%程度です。
また、無店舗型では現金化を行った場合には、送金されないのではという不安を持つ方も多いのです。
しかし、詐欺を働き続けると運営が出来なくなるため、換金率を明記し長い運営を目指す優良な業者が増えています。

インターネット上で申し込みを行うため、取引相手の顔を確認することが出来ない点がデメリットであるとも考えられます。
しかし、女性の方は相手の顔が見えることはメリットであるといえるでしょう。

無店舗型を利用する場合には、インターネット上に口コミや業者情報が多数確認出来る点もメリットです。
中には嘘の口コミ、誇大広告などを打つ悪質な現金化業者も存在しているため、インターネットでの情報には十分な注意も必要である事を忘れないようにしましょう。

top